満足度が高い医療レーザー脱毛~導入しているクリニックを調べよう~

ダイオードレーザーを受ける回数~医療脱毛でのセルフケア~

脱毛完了までの施術回数と費用~クリニックに行く前に確認しよう~

医療レーザー脱毛での治療を受ける場合、気になるのが通院による日数です。施術を完了するまで、どれだけの回数施術を受ければよいのでしょうか。

ダイオードレーザーでの施術回数

ダイオードレーザーでの施術回数は、だいたいの場合5~6回程度の施術で効果を実感することができます。足や腋などの施術を行ないやすい部位ほど施術回数は少なく、I、Oラインや顔などに施術をする場合は多くの回数が掛かる傾向があります。また、永久脱毛によってツルツルの肌を目指す場合、より念入りに脱毛の施術を受ける必要があります。平均して9~12回施術を受けることで、理想的な美肌を手に入れることができるでしょう。

毛周期が関係する

ダイオードレーザーを始め、医療脱毛での施術は毛周期に合わせて行われます。この毛周期とはどのようなものでしょうか。

ダイオードレーザーでも、成長期の毛しか処理することが出来ません。(医療脱毛クリニック勤務)

髪や体毛には、発毛するまでに特有のプロセスがあります。そのプロセスを専門用語で毛周期というのです。体毛が成長する場合、まず毛母細胞が積極的に分裂し、皮膚の下で毛を成長させます。この時期を成長初期といいます。成長初期から成長期に入ると、毛細血管から栄養を取り込みながら毛がどんどん成長します。成長初期は肌から毛を見ることはできませんが、成長期から成長後期になると皮膚の上から毛を確認することができます。成長後期から退行期に入ると、毛母細胞の分裂は止まり、毛と毛乳頭との結合が緩んできます。退行期から休止期に入ると、毛が自然に抜け落ち、毛穴での毛の生産が停滞するのです。ダイオードレーザーでの医療脱毛において、最も効果的なのは成長期での治療です。成長期の毛母細胞はメラニン色素が濃いため、成長期の方が高い効果が現れやすいのです。ダイオードレーザーはメラニン色素に反応しにくいといわれていますが、それは他のレーザーに比べて反応がしにくいというだけで、基本的に光を用いるレーザーは必ず黒い色に反応します。そのため、他のレーザー同様、ダイオードレーザーでの治療は成長期が最適なのです。

毛周期に合わせて施術をするので、最低でも2~3カ月は間を開けます。(医療脱毛クリニック勤務)

髪の毛や体毛にはそれぞれ毛周期と呼ばれるサイクルが存在しますが、その毛周期は全ての毛穴で一定ではなく、実は毛穴ごとに周期はバラバラなのです。たくさん生えているように見えるムダ毛ですが、実際のところは全毛量の20パーセントから30パーセントです。さらに、脱毛に効果がない成長後期や退行期の毛を除外すると、医療脱毛に効果があるムダ毛は10パーセントから20パーセントしかありません。一度の施術で効果を与えられるのはたったの一割から二割程度となるため、永久脱毛をするにはある程度の期間を開ける必要があります。3ヶ月ほど期間を開けることで、効果を与えられなかった成長初期のムダ毛も成長期に入るため、医療レーザー脱毛治療によって効果を与えることができます。全ての毛穴のムダ毛が生え変わる期間は、およそ1年から1年半です。医療脱毛の施術も、およそこの期間まで行ない続けなければなりません。

効果を実感するまでの期間

脱毛治療

ダイオードレーザーでの治療効果を実感する施術回数は、人によって異なります。人によって体毛の毛周期が異なるため、体毛の表皮に現れている総量の違いによって効果に差があるからです。とはいえ、施術効果を実感できる平均的な回数は存在します。およそ3回目あたりで、多くの人は体毛が薄くなることを実感できるのです。

医療脱毛クリニックでのポイント

ダイオードレーザーを用いた医療脱毛を受ける場合、施術の回数をあらかじめ知っておけば、美容クリニックでのカウンセリングもスムーズに行なえます。

医療脱毛はおよそ5回から6回で終了するそうですが、クリニックに行く際はどの回数で契約した方がいいですか?
基本的どのクリニックでも5回から6回の施術をベースに行なうので、初めて施術を受けるなら5回から6回での施術で十分です。ただし、部位によっては毛周期が異なるため、全身脱毛の場合は一括で医療脱毛を受けた場合、回数が足りないことがあります。部位ごとに施術を希望するか、全ての休止期の毛を一括で処理できるような施術での配慮をしてもらうとよいでしょう。

ダイオードレーザーは意外と安い

ダイオードレーザーは他の医療レーザー脱毛に比べ、高い効果で脱毛を行なうことができます。追加でのレーザー治療を行なうこともないので、結果的に安い費用で治療を受けられます。

ダイオードレーザーの費用相場

ダイオードレーザーを利用した治療において、5回から6回の施術を受ける場合、費用はおよそ30万円から50万円となります。クリニックによって設定費用が異なるほか、顔やVIO部などの部位ごとによっても費用が異なることがあるため、施術前にしっかりと医師に尋ねておきましょう。

ダイオードレーザーの脱毛効果を高める~セルフケアのコツ~

セルフケアをすることで、よりダイオードレーザーの脱毛効果を高めることができます。どのような方法があるか見ていきましょう。

スタッフ任せは禁物

医療レーザー脱毛での施術を受ける場合、多くの人は医師やスタッフに全てお任せするものです。しかし、しっかりとした効果を得るためには、自分自身で行なえるセルフケアも重要となります。高い脱毛効果を得るには、スタッフ任せにするのは避けましょう。

効果的なセルフケア

以下は医療レーザー脱毛をした後の具体的なセルフケアについての内容です。

保湿
肌が乾燥した状態では、医療レーザー脱毛での痛みややけどのリスクが高まってしまいます。また、乾燥した肌は光が毛穴に届きづらくなるため、脱毛効果が下がることもあります。治療前にしっかりと保湿を行なうことで、こうしたリスクを回避することができるでしょう。しかし、気をつけなければならないのが、保湿クリームなどを肌に塗った状態で治療を受けることです。クリームの成分によっては、光の感受性が高まる恐れがあるため、必ず治療前はクリームなどを洗い落としておきましょう。
シェーバーで処理
ムダ毛処理が習慣化している人ですと、医療レーザー脱毛を受ける前もつい処理を行なってしまうことがあります。毛抜きで脱毛を行なっている場合、埋没毛などが現れることがありますが、肌の奥に毛が埋まっている埋没毛は、レーザーによるやけどや痛みのリスクを高めるため、問題となります。また、カミソリで処理をしている人も、カミソリによって肌が荒れて乾燥肌になりやすいため、レーザーによるリスクが高まるのです。ある程度の長さの毛を残せる電気シェーバーであれば、こうした毛抜きやカミソリの問題を避けられます。どうしてもムダ毛処理をしたい場合は、電気シェーバーを活用するとよいでしょう。

万全のケアで綺麗な肌になる!

こまめなセルフケアをすればダイオードレーザーの脱毛効果もさらに高まり、ツルツルの素肌が手に入ります。ダイオードレーザーで医療脱毛をした後は、肌の赤みや肌荒れといったことが起こる場合があります。肌に何らかの問題が現れた場合は、セルフケアを徹底することでダウンタイムを短くすることができるでしょう。

TOPボタン